犬と人との幸せ暮らし 〜うちの息子はお犬様〜

本当の意味で幸せな犬を増やすために。うちのお犬様息子との暮らしに乗せて、お送りします^^

お洋服の練習。

おはようございます(*^^*)

 

いぬひとです。

 

前回の記事では、優しい励ましをいただきましてありがとうございました(´;ω;`)

 

ほんとにほんとに嬉しかったです。感謝。

 


f:id:inuhitogurashi:20200602065818j:image

皆さんの優しさで癒やされて、オレに還元するといいでし!

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

できる事から始めようと、まずはもう一度県内でリハビリ系統の施設が無いかを調べたりしております。

 

マッサージ&寝かせたまま足を持ってゆっくり押したり引いたりしてみたり。

特に悪い方の足は一定の場所でピクッとなるので、絶対に無理をしない様に優しく優しく。

 

もう1つ、お洋服の練習を再開しました。

 

何度も何度も、チャレンジしてはへこたれて来たんですけど。

今回はそうも言ってられないので、無い脳みそを搾って搾ってやり方を変更してみました。

 

それが、コレ↓


f:id:inuhitogurashi:20200602070358j:image

お腹に手拭いを巻いています。

 

何じゃこれですよね。笑

 

コタロウさんは、首以外に何かを着けるのが大嫌い。

雨の日の合羽だけは仕方なく着て動いてくれますが、普段はこれだけで動けなくなります。

 

そこで色々考えまして、大好きなお口ぺろりこの時にこうする事にしてみました。

 

巻かないとぺろりこできない

 

という事です。

 


f:id:inuhitogurashi:20200602070733j:image

酷くなぁい?

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

ちゅっちゅしよぅ〜

 

とやって来たら、まずお腹に手拭いを巻いてからお口を差し出す。

 

お口を離したら手拭いを取る。

 

これの繰り返し。

 

結果、だいぶお腹手拭いに慣れて来ました。

ぺろぺろする事に必死になれる分お腹に意識が向きにくいのか、おやつでやるよりいい感じです(コタロウさん比)。

 

どのみち足から通すタイプのお洋服は負荷が高過ぎて遠慮したいので、お腹と胸、背中を覆われる事への負荷を少しでも減らせられれば。

 

今は手拭いだけど、次は腹巻き(ボタンかマジックテープで巻けるもの)に進化させて…と順番も一応考えております。

 


f:id:inuhitogurashi:20200602071423j:image

悪いかーちゃんめ!(悪くない。汗)

この後、このズボンには穴が空きました。笑

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

その子その子によって正解は違うだろうし、プロの方からしたらもっといい方法があるのかもしれません。

 

だけど、コタロウさんと自分に負担が少ないのが1番。

これで行き詰まったりしたら、またプロの力をお借りしようと思います。

 

コツコツコツコツ。

 

苦手なんですけどね、コツコツ努力。笑

でもコタロウさんとの努力は、楽しいです(*´ω`*)

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。

 

 

 

 

 

悩ましい、犬への優しさ。

おはよございます(*^^*)

 

いぬひとです。

 

規制解除、来ましたね!

我が家でも、今日からお口ぺろりこ全面解禁します←

 

とは言え完全に終息するまでは、なるべく人混みには近寄らない様にしようと思います。

 

 


f:id:inuhitogurashi:20200526100036j:image

細く切った鶏とさかを味わうコタロウさん。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

先日、3ヶ月ぶりにシャンプーをしました。

 

お店にお願いすると完全に体調を崩してしまうので、シャンプーから爪切り、肛門腺しぼりまで

全部お家でやっています。

 

が。

 

一昨日シャンプーして、昨日今日と嘔吐有り。

 

んー…、気温湿気は勿論昨日は吐瀉物から見るに消化不良っぽかったし、シャンプーだけのせいでは無いにしろ、無関係では無いですよね(汗)

 

とは言え…

 

コタロウさんは適度にシャンプーをしないと、お股にデキモノができたり全身痒くなったりします。

 

肘がはげちゃったりね。

 

毎日お散歩後に蒸しタオルで拭き拭きしていますが、やっぱり毛の奥の汚れは落ちない。

 

あと、今回は換毛を促すためでも有りました。

 

一度のぼせたにも関わらず、なかなか毛が抜けなかったからです。

これに関しては大成功過ぎる程で、現在のコタロウさんはアンタッチャブル

触れば触るだけ毛が舞います。笑

 


f:id:inuhitogurashi:20200526100646j:image

オレに触ると毛が舞うぜ…(フッ)

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

少しでもシャンプーの負担を減らそうと、お風呂場を好きにしようとしたり、私が一緒に湯船に入って洗ったり。

途中と終わった後にしっかりチーズを進呈したり。

 

およそ考えつく努力はしているんですが、それでも怖いものは怖い、嫌なものは嫌。

 

いろんな考え方の方がいらっしゃると思いますが、コタロウさんの場合、洗わないのが1番の優しさだとは私には思えなくて。

 

酷い&長引くデキモノによる不快感、血が出るまでかかずにいれない痒みなどなど

シャンプーをしない事によるデメリットの方が、コタロウさんにとっては大きいんじゃないかなって。

 

まぁ本犬さんに聞いたら

 

洗わんずに何とかすればいいでし!

 

って言いそうですけど。笑

できるならそうしてるんだよ(´;ω;`)

 

ちなみに、香りをつけるのは犬的に苦痛の場合もあると思っているので

シャンプーは石鹸シャンプーを使っています。

リンスはしません。時間が長くなるから。

 

優しさって難しいですよね…。

 

今までいろいろな方から学んできて、今回は

 

「嫌な事はとにかく手際よく早く終わらせてあげる事も優しさ」

 

という学びを採用しました。

 

おやつをあげながら〜とか、声を掛けながら〜とか、それで犬が落ち着けたりストレスが減るレベルの出来事に大してはとっても有効だとおもっていますが、コタロウさんにとってのシャンプーは、そのレベルに無い。

 

これを教わった時の例はお医者さん嫌いの犬が診察を受ける時でした。

 

お医者さんと飼い主が協力して、いかに手早く手際よく正確に短時間で終わらせるか。

避けては通れないのなら、その中で選択できる1番の優しさはそこじゃないかと。

 


f:id:inuhitogurashi:20200526101729j:image

どどーん!!!嫌なもんは嫌でし!!!

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

こんな感じで、1つ悩んでいる事がありまして。

 

コタロウさんの後ろ足に筋肉をつけたいのですが、上り坂でさえ違和感を感じている模様の今、身体への負担少なく筋トレできるのが水中になってしまうのです。

 

つい先日お医者さんとそう話しまして。

 

持ち手付きの救命胴衣を使えば、お風呂でもできない事はないんですが、コタロウさん、絶対絶対絶対ものすごいストレスを感じると思うんです…。

 

そこを考えると、やろう!と踏み切れず。

 

まず救命胴衣を着るのがNG。

まぁそこはお洋服を着せる練習をすれば何とかなると思うんですけど、そのまま抱えられてお水にぼっちゃん…

 

川や海に連れて行っても溜まって淀んだ死んだ水にしか入れないコタロウさんには、難易度が高すぎる…!!!

 

でも、痛みからか後ろ足を使わない歩き方が癖になっている様で(毎日2時間以上散歩してた時も筋肉がつかなかった)、階段の登りや長距離の歩行を止めている今、元々少ない筋肉がかなり落ちてるんです。

 

このままだと、数年後には車椅子。

どっちがコタロウさんにとって優しいのか。

 

うぅぅぅぅぅう。

 

覚悟を決めて筋トレをするべきか、時間をかけてお医者さんにしっかり相談させてもらって考えようと思います…。

 

お洋服の練習は始めとこう。

 


f:id:inuhitogurashi:20200526102617j:image

可愛くて大切な宝物だからこそ、悩むし苦しい時もあるんだよね。

 

今日も読んでいただいてありがとうございました(*^^*)

 

 

 

 

犬と免疫力。

こんばんは(*^^*)

 

いぬひとです。

 

今日の広島はどーんよりで湿気ムシムシの雨模様。

私の髪の毛がくるんくるんして、嫌ぁな感じです。笑

 

暑くて湿気が多いとコロナの感染力も弱まるのかな…なんて、ちょっと期待したりして。

私は夏が大嫌いなのですが、こんなに夏を待ちわびるのは初めてです。


f:id:inuhitogurashi:20200518184128j:image

オレは夏が苦手でし。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

今日は、免疫力について書いてみようと思います。

 

「免疫力を上げれば病気にならない!」

「免疫力は腸から!」

 

と、コタロウさんと暮らし始めて7年間で、しょっちゅう耳に、そして目にしました。

その謳い文句に吸い寄せられ、サプリメントなどにいくらお金を払ったか(汗)

 

言っている事は間違いではないと思います。

 

でも、免疫力って、1つ(腸)だけのモノではない事をご存知ですか???

 


f:id:inuhitogurashi:20200518184359j:image

はて?腸だけじゃないとは。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

身体には、沢山の機能があります。

 

目・皮膚・内臓(胃には胃、大腸には大腸など)・血液などなど、その全てにそれぞれ独自の免疫システムが存在しています。

 

そこには「心」も含まれます。

 

そして、それら総てのバランスを保つ事自体も免疫システムの1つだそうです。

 

腸だけの免疫力を上げるサプリメントを摂っても、余り効果が無い場合もあるって事ですね。

 

免疫システムが崩れると、アレルギー症状が出たり自己免疫疾患が表れたり。

 

コタロウさんはアレルギー症状が出ますが、その場合、少なく見ても

 

血液・腸・皮膚

 

の免疫システムに異常が出ています。

目だって怪しいし、耳だってカユカユになります。

 

その場合、食べ物などの環境を見直し、出た症状への対処などなど色んな角度からアプローチをして

システムを再構築していく事になります。

 

腸だけとか、腸が原因…だけじゃないですよね。

 

いや私そう思ってたんですけどね、腸が元気なら元気になるはず!って。

 

それは間違いではないけれど、それだけじゃないって事を知っておく事って大切ですよね。


f:id:inuhitogurashi:20200518185302j:image 

んじーっ。催促中コタロウさんら左目がカユカユです。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

じゃあ全身の免疫力を高めるにはどうしたらいいの?ってなると思います。

 

それには、日頃からのコツコツ努力が欠かせないそう。

 

・適度な運動

・バランスのとれた食事

・たっぷりの正しい(押し付けではない)愛情

・充分で穏やかな睡眠

・過度なストレスを与えない、取り除く

・快適な環境を与える事

 

などなどが1番大切だそうです。

 

体温が高いと免疫力も上がるとよく聞きますが、これは医学的にはまだ証明されていないと、私が参照したものには記載されていました(ホリスティックケア・カウンセラー用サイト)。

 

でも、身体を温める事は機能がを保つ上でやっぱり大切らしいですよ(*^^*)

 


f:id:inuhitogurashi:20200518184050j:image

アタタメ ダイジ!

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

よろしくないブリーダーさんにより過剰繁殖されている、昨今の犬たち。

 

コタロウさんの母親は7歳でコタロウさんを産み、おばあちゃんは何と9歳でコタロウさんの父親を産んでいます。

しかもそれが解るのは、購入して数ヶ月後に送られて来た血統書を見てから。

 

何度も何度も無理な出産を繰り返せば、母体の免疫力が低下どころじゃなく底辺になりますよね。

更に、高齢。

 

そして落ち着くまもなくすぐに親と離され、全国各地へ輸送。

 

そりゃコタロウさんが自己免疫疾患ばっかり持ってるはずです。

 

健康なお母さんの初乳、母乳をしっかりと時満ちるまで飲んで育った子と比べたら、初めから持っている免疫力は段違いだと思います。

 

うちに来たからには私が母親。

どうにかこうにか…と試行錯誤を繰り返して、今があります。

 

いいのか悪いのかはコタロウさんに聞かないとわかりませんが、大事な事は一応クリアしているかな?

愛情は少し過多かも…???笑

 

親の事、うちに来るまでの事は、言っても詮無いこと。

 

いつもどおり自分にできる事をやるだけです(鼻息フンフン!)。

 

「これがいいんだって!これじゃないとダメなんだって!」

 

と言った情報に踊らされる事なく、本当に必要なモノだけをお医者さんと相談しながら与えていきたいですね(о´∀`о)

 


f:id:inuhitogurashi:20200518190919j:image

狐さん発見♡

 

今日も読んでいただいて、ありがとうございました!

 

 

距離のお話。

おはようございます(*^^*)

 

いぬひとです。

 

皆様お変わりありませんか?

自粛が長くなってきて、しんどさが最高潮という方もいらっしゃると思います…。

少しでも何か気分転換や楽しい事がありますようにと願うばかりです。

 


f:id:inuhitogurashi:20200512092838j:image

オレから元気玉を送りまし!

カフェもじーちゃんちも行けんでしけど、オレもがんばりまし(って思って…ないだろうなきっと。笑)

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

私はインスタグラムで3つアカウントを持っていまして。

 

1つはよそ行き顔の(だいぶメッキもはがれてますが笑)ここ用のアカウント、1つはどハマリ中のキャンプについての情報収集アカウント、もう1つはトレーニング仲間さんのみと繋がっている、鍵つきアカウントです。

 

鍵つきにしてるのは、自分のキャパが狭めだからなのと、アホがばれるからです。笑

 

そのアカウントでは、トレーニングのお仲間さん達と繋がっているので

基本的な犬との向き合い方が似ています。

 

そして、お仲間さん達の投稿を見て、なるほどー!と唸ったり勉強になる事が沢山。

 

先日は日常の中で経験された「犬と距離」についての投稿をあげていらして

距離の大切さを痛感しました。

 


f:id:inuhitogurashi:20200512093455j:image

コタロウさんにとって不安や警戒が無い時のお外での飼い主との距離は、これ位がベストらしいです。

遠くなぁい(´;ω;`)?って思うけど、コタロウさん的にはこれ位を保ちたい感じ。

 

寂しくなったりしたらよって来て、ちょっとカイカイとか甘えたりとかしてまた離れて行きます。笑

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

私が習った「距離」には種類があります。

 

その時のプリントから抜粋↓↓↓

 

・ソーシャルディスタンス(人でいうパーソナルスペース)

・クリティカルディスタンス(安心していられる距離)

・フライトディスタンス(驚いた時に逃げる距離)

 

コタロウさんは距離を保ちたいタイプなので、そもそも必要なソーシャルディスタンスが広いです。

身体的接触は限られた人や犬とのみ(もしくはウマをくれる時のみ)希望してきます。

知らん人にいきなり頭グリグリ撫でられるとか、超無礼!…とプリントにメモしております。笑

 

クリティカルディスタンスは、ここにうっかり侵入してしまったら咬まれても仕方ないよっていう、身の安全を守る距離です。

攻撃や逃走をする距離…と言えばいいのかな?

 

コタロウさんの場合は、大抵自分から距離をあけます。

侵入され方によれば、唸ったり。

 

これも、相手が自分の中でどの位の位置かでその距離が変わってきます。

 

そして、フライトディスタンスは、逃走距離。

 

怖い、嫌だ、びっくり!と感じたモノからどの位離れたか。

その距離の事をいいます。

ついつい「怖いならこっちおいで〜」と言いがちですが、対象との間に本犬が安心する距離を保つ方が怖くないという事になります。

 

ネットにはプロの方が書かれた説明がありますので、興味のある方はぜひ調べてみてください(*^^*)

 


f:id:inuhitogurashi:20200512100624j:image

ウマもらえるなら引っ付きましよ〜!

…ウマの有無で変動する、ソーシャルディスタンス。笑

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

これらを知っていたからどうって事じゃないんです。

 

ただ、私はこれを知らなかったら、今でもコタロウさんの気持ちを無視して引っ付きまくっていたかもしれんなと思うんです。

 

知識として持っていなくても、自然とその子の距離を大切にできる飼い主さんていらっしゃいますよね!

私はそういう方にお会いすると、すぐ懐きたくなってしまって困ります。笑

 

これは人だけにではなく犬や他の生き物相手にも勿論適応されるので

 

「うちの子、他の子が大好きなのよ〜」

 

と、フレシキリードしゅるしゅる伸ばしながら我が子を他の犬に近付かせることの危険性が解ります。

 

うちの子は距離が狭くて大丈夫でも、よその子はそうじゃないかもしれない。

距離が狭い方がいい訳でもないんです。

危機管理能力の点で考えると、突っ込んで行くタイプには飼い主さんのフォローが倍必要になると思うんですよね。

 

要するに、相手によってどの位の距離が必要なのかって事です。

どんな場所でも怖い時に必要な逃げ場(逃走距離)を確保しておく事も大事。

 

これを理解しておくのとおかないのとでは、犬の幸せに大きな差が出ると私は思います。

 

知らない人にいきなり背後をとられたら…とか、髪を触って来たら…とか、例え旦那であってもこの距離は近いわ…とか。

自分に置き換えてみたらわかりやすいですね〜。

 


f:id:inuhitogurashi:20200512102333j:image

距離さえ保ってもらえれば、オレ割と大丈夫でし。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

久々になんだか頭を使いました←普段どんだけ使ってないのか。笑

 

犬を幸せにしたい。

 

そう思ったら絶対に欠かせない部分が「距離」だと思います。

 

私とコタロウさんは、本当に出会いに恵まれているなって思います。

レーニング仲間さんしかり、こちらで繋がっていただいた方たちしかり、101講座の同期の皆さんしかり。

 

「我が子を幸せにしたい」の気持ちでいっぱいの、温かい方たちばっかり。

ほんと勉強させていただいてます。感謝。

 

皆さんと宝物ちゃん達が、今日も明日もずっと幸せでありますように。

 

今日も読んでいただいてありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンウィーク。

こんにちは(*^^*)

 

いぬひとです。

 

自粛中のゴールデンウィーク、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

我が家は、仕事の都合で戻っているとーちゃんと3にん、大人しく引きこもり生活をしております。

 

私の花粉症とコタロウさんが温度差についていけない以外は

おかげさまで何事もなく過ごせています。

 


f:id:inuhitogurashi:20200506153504j:image

冷えと逆上せで消化不良気味なんでし。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

普段のお散歩はできているものの、大好きなじーちゃんばーちゃんち(ウマウマがいっぱい出てくるウマの国。笑)もカフェも全部封印中。

 

お友達にも会えないし、可愛がってくれる人たちにも会えず、コタロウさんへの刺激が足りなすぎる〜!

 

という事で、新しい遊びをいくつかやっております。

 

1つは、お友達であるトレーナーさんがインスタで声をかけておられた、手の中にお口(マズル)を突っ込む遊び。

 

お仕事を自粛されていて、ぶっちゃけ何の稼ぎにもならないというのに

お家での楽しい遊びなどを提供するその心意気。

 

自慢の友達です。一回り位年下なんですけどね、彼女の方が(*^^*)

 

これができる様になると

歯の様子を見たい時とか、お注射の時に気を反らしてオヤツをあげたい時とか

色んな場面で役立つなぁと感じました。

 

コタロウさんは以前これに似た事をやっていたので、割とサクッと。

 

ただ、私達の大失敗で、小さい頃に【ひっくり返してヘソ天にしてマズルを持つ練習】なんてものをやってしまったもので

コタロウさん、マズルと人の手の組み合わせが大嫌い。

 

かなり根気よくやらないと、嬉しい遊びにはならない感じです。

 

過去に戻りたい…(泣)

 


f:id:inuhitogurashi:20200506154405j:image

ここを開けるでし。出ていきまし←

うぅぅごめんなさい(´;ω;`)

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

もう1つの新しい遊びは、私と一緒にストレッチ!

 

と言っても、コタロウさんは座布団の上に伏せておくだけ。

 

「いち、にぃ、さぁん」で私がストレッチして、コタロウさんとおでこをこっつんこ☆します。

 

気温やら気圧やらの変動が大きく、動くのはだるいけど暇なんよ…という状態に見えたので

コタロウさんが動かなくていい(でもかーちゃんの顔が引っ付いてくる)遊びをしようと思って。

 

ごちげんさんな時は、いち、にぃ〜の時にここぞとばかりにぺろりこしてきたり。

 

これだけでおやつが出るなら、まぁ引っつかせてあげん事も無いでしけど…みたいな顔してる時もあったり。

 

様子を見ながら5回くらいで終えています。

 

嫌そうな顔されたり逃げられたら、かーちゃん泣いちゃうからね…

嫌にならない内に終えないとね…。

 

これは何とか動画を撮れたので、インスタに貼りますね(*^^*)


f:id:inuhitogurashi:20200506155035j:image

来てあげましたけど?

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

皆さんは、どんな遊びをされているのかなぁ…。

 

よかったら、ぜひぜひ教えてやってくださいね(о´∀`о)

 

まだまだ自粛生活が続きますが、命あってのモノダネ。

 

どうか皆さんや皆さんの大切な方々が、心も身体も健やかに乗り切れますように!

 

医療や物流などなど、生活を支えてくださっている方々とそのご家族に感謝を。

 

今日も読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 

 

 

いつぞやのキャンプ。

こんにちは(*^^*)

 

いぬひとです。

 

毎日不安と戦ってくださっている、医療従事者の方々とそのご家族や大切な方たちに感謝を。

 

ありがとうございます。

 

我が家は1週間、何事もなく穏やかに過ごせました。

 

かわいがってくださる方やお友達に会えず、カフェやお気に入りのお店にも行けず…で、コタロウさんは少し拗ね気味。

 

なので、新しい小さな遊びを毎日ちょっとずつやっています。

お見せできるレベルになったら、インスタに動画を貼りますね(о´∀`о)

 


f:id:inuhitogurashi:20200428122033j:image

コロナなんてめらめらファイヤー!

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

コロナがこんなに広まる前、先月の10日頃に、キャンプに行っておりました。

 

書こう書こうと思っていたのですが、

キャンプ場でウロウロしていたジャックラッセルテリア君を見つけて保護していただくという事件があり

色んな思いがない混ぜでなかなか書けずにおりました。

 

今は広島市の管理センターで里親さんを募集してくださっています。

(現在は募集停止中←コロナ)

 

かなり市内に近い(うちから車で30分)無料キャンプ場に行ったのですが

無料なだけあってトイレも炊事場もなかなかすごいものがあり、私は使用せず。

トイレは簡易トイレで済ませました(照)。

 

いつもの様に山の中…という訳ではなかったですが(川沿いです)

それでもやっぱり自然の中で過ごす時間は幸せでした。

 


f:id:inuhitogurashi:20200428122750j:image


f:id:inuhitogurashi:20200428122806j:image


f:id:inuhitogurashi:20200428122829j:image


f:id:inuhitogurashi:20200428122847j:image

安定の、テント張り&室内準備のお邪魔犬っ。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

今回のテント内はこんな感じになりました

f:id:inuhitogurashi:20200428122937j:image
まだまだ改良の余地あり…。

 

 

コタロウさんも、すっかりくつろぎ上手に♡

 


f:id:inuhitogurashi:20200428123033j:image


f:id:inuhitogurashi:20200428123051j:image


f:id:inuhitogurashi:20200428123138j:image


f:id:inuhitogurashi:20200428123207j:image

 

途中姿の無いのがありましたが、毛布に包まれております。笑

 

 この時期にしては暖かい日ではありましたが、やはり冷えるので、コタロウさんにはついつい過保護になってしまいます。

地面ってすごく冷えるしね。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

まさかまさか、この春のキャンプがこれでおしまいだとは思ってもいませんでした。

 

キャンプ行きたいなぁ…と正直思いますが、どこでどんな風に感染してしまうか解らない今、

お家でキャンプについてお勉強するに留めておくのがベストですよねっ。

 

落ち着いたら、絶対すぐに行きたいな(*^^*)

 


f:id:inuhitogurashi:20200428123635j:image


f:id:inuhitogurashi:20200428123650j:image

さすが町に近いだけあり、アイスクリーム屋さんが来ました。笑

バニラアイスをとーちゃんと分けっこして、コタロウさんごちげんさん♡

 

 

皆さんも、色んな事を我慢しておられるのではないかと思います。

 

私は元々の生活&性質が自粛向きなのでそこまでストレスも不安も無いですが、

人によってはものすごく我慢されていたり辛い事もあるんじゃないかなって思います。

 

まだ終わりは見えませんが、絶対にいつか終わりがきます。

 

だからそれまで、不安に負けずに健やかな心と身体で生き延びましょう(大袈裟かもだけどほんとに)!

 

皆さんのご健康を心からお祈りします。

 

今日も読んでいただいてありがとうございます(*^^*)

 

 

コタロウさんの初恋。

おはようございます(*^^*)

 

いぬひとです。

 

不安を煽るばかりの報道からは少し距離をおいて必要な事実と情報だけを得る様にしていますが、

それでもやっぱり毎日どこか不安な日々です。

 

心が折れたら免疫力もガックリいくので

無駄に不安にならないように、できる事をしっかりとやっております。

 

そんな中、心からコロナが憎い!と思う出来事がありました(コロナに直接は関係ありません)。

 


f:id:inuhitogurashi:20200421102135j:image

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

コタロウさんの初恋のイヌ、シェパードのハナちゃん。

 

全然相手にされず(笑)、いつも近寄りすぎては「ガウッ!」と言われていましたが

会えた時にはいつの間にか傍に行き、一緒にいようとしていました。

 

犬に恋があるのかどうかは本犬に聞かないとわかりませんが、好きな事だけはわかる、そんな感じ。

コタロウさんから引っ付いて行く事がほぼほぼ無いので…。

 


f:id:inuhitogurashi:20200421102551j:image

ビッグスマーイル♡♡♡

 


f:id:inuhitogurashi:20200421102647j:image


f:id:inuhitogurashi:20200421102716j:image

しれっと距離を詰めるコタロウさん。笑

 

ハナちゃんは13歳になり、後ろ脚が立たなくなりました。

それでも食欲も意欲もとっても旺盛で、飼い主さんに甘える姿や

飼い主さんが25キロ位のハナちゃんを抱えてカートに乗せてお散歩される姿に、いつも胸がときめいて感動していました。

 

愛情たーっぷり♡

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

そんな、コタロウさんにとっても私にとっても大切な愛おしいハナちゃんが

先日、お空に登ってしまいました。

 

2月に会ったのが最後になっちゃった。

 

コロナが無かったら、絶対に会えていたのに。

 

もう1回、ハナちゃん大好きだよー!って言えたのに。

 

色んな気持ちが渦巻いています。

 

飼い主さんの気持ちを思うと、言葉が出なくて。

すごくすごく大切にしあっている、とても素敵なパートナー。

 

私は、これからもハナちゃんの飼い主さんからとても沢山の事を教えていただくんだと思います。

 

そしてハナちゃんのお話もいーっぱいして、コタが脚踏む位近付いて申し訳なくてとか、いつも怒られたよねとか

笑ったり泣いたりすると思います。

 

コタロウさんにとって大事な存在である犬先輩を失ったのはこれで2回目。

奇しくもどちらもシェパードさん。

 

2匹がお空にいてくれると思うと、コタロウさんがいつかお空に行く時の不安が減ります。

 

うちだって、いつか行く道。

 

その時が来た時に、少しでも後悔が減るように。

沢山沢山愛情を注いで、努力を続けていこうと思います。

 

ハナちゃん、ほんとにほんとにありがとう。

ハナちゃんの愛らしさ、教えてくれた事、ずっと大切にします。

 


f:id:inuhitogurashi:20200421103959j:image

ハナちゃん、大好きです。

 

 

今日も読んでいただいてありがとうございました。