犬と人との幸せ暮らし 〜うちの息子はお犬様〜

本当の意味で幸せな犬を増やすために。うちのお犬様息子との暮らしに乗せて、お送りします^^

これから犬と暮らそうと思っている方へ①

おはようございます( ´ ▽ ` )ノ

いぬひとです。

 

気温差の激しい今日この頃、皆様体調くずされたりしていませんか?

 

うちの息子ちゃんは、甘えん坊全開です(笑

(かーちゃん(私)の足の上で、畳まれようとしていた毛布をカミカミする息子さん)

 

毎日毎日可愛すぎて、胸が痛いです・・・親バカっ(笑

 

 

さてさて今週は、

これから犬と暮らそうと思ってらっしゃる方

が知っておいたらいいかもと思う事を書こうと思います〜。

 

犬って、

 

「時々はいたずらもするけれど、

 飼い主に忠実で、健気で可愛い癒しの存在」

 

そんな風に思っておられる方が多いと思うんです。

それは決して間違いではないけれど

そういう側面、人の描く理想だけを抱いておられると、後悔する事に。

 

実際に

思っていたのと違った

そんな理由で捨てられたりする犬達もいるんです・・・

そういう人たちを私は許せないけれど、

売ることしか考えていないペットショップやブリーダーなど

 

正しい知識を持っていない人間

 

が、さもプロかの様な顔をして関わっている事も多いです。

 

私が出会っていないだけで

本当にいいペットショップもあるんだろうとは思いますが、

某大型スーパーの様なチェーン店は、ほぼ信用できません(実体験)。

 

愛護センターなどの職員さんも、まだまだ知識は足りないです。

一般飼い主さんに野犬の子を勧めちゃうという事が

その飼い主さんと犬をどんなに苦しめるか。

 

だから、犬と暮らしたいと思ってまずすべき事は

信頼できるプロをみつけ、相談する事です。

 

ご自分のおうちの間取りや家族構成、お留守番の有無などの生活リズム、

お家の周りの環境などなど・・・

犬と暮らすのに適しているかどうか。

本当に、犬と暮らしていいのかどうか。

 

特に初めて(または時間がかなりあいて)犬と暮らす場合は

わからない事だらけなので、プロの助言がとても大切です(本物のプロかどうかを見極めないとですが;)。

 

ペットショップの人の言う

 

飼いやすいですよ〜

お散歩いらないですよ〜

ご飯はフードだけで大丈夫ですよ〜

この犬種は吠えないですよ〜

 

なんていうのは、全部嘘!!!だと思っていいと思います。

 

お散歩のいらない犬なんていません。

チワワちゃんだってトイプーちゃんだって、お散歩はとっても大切です。

お散歩に行けない方は、犬と暮らさないであげてください(泣

 

吠えないですよ〜も、嘘です。

 

吠える環境におけば、どんな犬でも吠えます。

吠えさせたくないなら吠えない環境を作る必要がありますが、

そんな事は、飼い主さんが知ろうと思わない限り誰も教えてくれません。

 

飼いやすい犬・・・何をもってそう判断するのか。

人のいう事を聞きさえすればいい犬、飼いやすい犬なのでしょうか(書いてて腹が立ってきました汗)

 

犬にだって心があります。

 

痛覚や味覚だって当たり前にあるし(毎日同じご飯で、あなたは幸せですか?)

悲しい寂しい怖い嬉しい幸せといった感情もあります。

 

本能に基づいた行動をするし、その行動を選択する自由があります。

 

人の言う事をきくだけの「人にとって」飼いやすい犬が欲しいなら、人を幸せにするためだけに犬と暮らそうと思うなら、ロボット犬と暮らす事を考えていただきたいと私は思います。

 

犬と人とがフェアでギブアンドテイクな関係でいられる事。

どちらかが我慢ばかりするのではなく、お互いを尊重できる事。

種の違う動物を人間社会のルールに沿って育てる訳なので、まず犬を良く知るべきだという事。

 

そして何より

命を預かるんだ

という意識を持つ事。

 

粗相だって吠えだっていたずらだって、犬のルールからしたら当たり前なんです。

人のルールを押し付けるのではなく、

その行動が出ないように環境を整えてあげるのが正解だと思います。

 

要するに、

犬を変えるのではなく、自分(家族含む)が変わる事のできる人

である事こそが、本当に犬を幸せにできる飼い主である、という事です。

 

これ、ほんとに私の経験談なんですよ。

最初は全然だめな飼い主だったので、息子に申し訳ない気持ちでいっぱいなんです…。

 

でも、本当に息子のためになるトレーナーさんを見つける事ができて、

私はものすごく変わったんです。

 

時に注意も受けながら、距離や環境設定の大切さをしっかり学びました。

 

例えば、触りたい時に触って嫌がられていた私はもういません。

息子の気持ちを尊重し、彼の許可がある時だけ触るようになりました。

あれだけ逃げていた息子が、今ではものすごいかーちゃん子。

 

ここかいてぇ〜!その次はここ!かーちゃんちゅーしよ〜ちゅー!

 

と、毎日べったべたです(笑

 

その時の息子の顔がほんとに優しい可愛い顔で。

私、本当に変わって良かった・・・と思っています。

 

途中から話がすり替わった気がしないでもないですが(汗、

犬と暮らすなら、犬と一緒に幸せになってください。

人目線では無く、犬目線で犬の幸せを考えられる飼い主さんが増えれば、不幸せな犬はグッと減ります。

 

捨てられたり殺処分を受ける子だけが可哀想な訳じゃないんです。


一般家庭で、人の「普通」の中で苦しんでいる犬たちも沢山いるんです。

行きたくも無いドッグカフェやドッグランで怖い思いをしている子も、不幸せだ…と私は思うんです。

 

お散歩ができないかもしれない、平日は毎日お留守番だなどなど…

少しでも不安要素があるのなら、今はその時ではないと思います。

 

犬の立場に立って考えてみてくださいね。

 

上手に伝えられているか心配もありますが、

一人でも受け取ってくださる方がいるといいなと思って書いています。

どなたかの、そしてどの子かの役にたててたら嬉しいな(*^_^*)

 

次回は、もっと生活に寄り添った

 

犬と暮らすってこんな感じ

 

をお届けしたいと思います( ´ ▽ ` )ノ

 

今日も読んでいただいてありがとうございました!

寒いので、皆さんも可愛い我が子ちゃん達もご自愛くださいね^^

 

 

Instagramでブログ更新のお知らせをやっています

↓ ↓ ↓


www.instagram.com

  

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ