犬と人との幸せ暮らし 〜うちの息子はお犬様〜

本当の意味で幸せな犬を増やすために。うちのお犬様息子との暮らしに乗せて、お送りします^^

プロとの関わり方

おはようございます、いぬひとです(*^^*)

 

f:id:inuhitogurashi:20190214203800j:plain

(お散歩中の休憩が絶対必要なコタロウさん。今日もオヤツがうまぁ〜♡)

 

 

ここ数日、お天気も気温もコロコロ変わり、うちの息子さんは体調が整いません。

こういう時は、持病持ちの子やシニアちゃんは勿論、普段元気な子も注意が必要です。

 

そのうち病気カテゴリーで書きますが、うちの息子さんは

 

甲状腺機能低下症

好酸球腸炎

それらからくる胆泥症状

アレルギー

 

股関節形成不全

パテラ

 

を持っています。

これ以上病名が増えると覚えられない感じです;笑

 

幸いな事にどれも酷くはないので、お薬(漢方薬併用)と日々のケアをする事で元気に過ごしてくれています( ^ω^ )

 

私はこの子とペットショップで出会ったのですが、2ヶ月半で家に迎えた時には既に、ジアルジアという寄生虫を持っていました。

迎えてすぐの健康診断で判明し、初っ端から駆虫薬を飲ませるという事に。

そこから今まで、なんだかんだとお薬が切れません。

 

既往症を見ていただくとわかるんですが、全て生まれつき持っていたものなんです。

でも、ただの飼い主である私にはそんな事わからなくて…。

 

今お世話になっているお医者さんに言われるまでずっと、私の接し方や暮らし方が悪いんだろうかと悩んでいました。

 

「生まれつきの免疫系の病気ばかりだからね・・・」

 

もしかしたら先生は、何気なく事実だけをおっしゃったのかもしれないけれど

私には 神の啓示 かの様に沁みました・・・(T ^ T)

 

息子との生活は、お医者さんやトレーナーさん、ご近所さんなどなど沢山の方との関わりによって成り立っています。

 

その中で、お医者さんやトレーナーさんといった

 

プロの言葉

 

というのは、とても大きいです。

救われる事もあれば、逆にどん底まで落ちちゃう事もあります。

 

私は「本当に息子のためになっているのかどうか」を判断基準にしているので、自分が多少嫌な思いをする位ならくじけませんが、ポキっと心が折れた飼い主さんの事も何人か知っています。

 

そこが、プロを選ぶ時の難しい所。

 

犬の事ばかり考えて自分は我慢ばかり・・・では、ご本人は勿論、犬だって幸せじゃないんです。

あ、これは先ほどのお医者様の奥様(トレーナーさんをされている)からいただいた言葉です(*^_^*)

 

私の場合は、トレーナーさんは4人お世話になっています。

 

ずっと継続している方お1人と、医療に関わるポイント(音響シャイ・股関節形成不全のケア)はお医者さんの奥様、お友達がトレーナーとしてやっているしつけ教室にもたまに参加させてもらったり。

1番最初に約1年お世話になった先生のところは、卒業してから参加していません。

 

お医者さんに至っては5軒変わってます。

遠くは福岡まで行っていました(我が家は広島にあります)。

今はおかげでいい病院に出会えて、数値的に見逃されそうだった甲状腺機能低下症も見つけてもらいました。

かれこれ3年位通っています。

 

それまでお世話になったお医者さんやトレーナーさんに対して、変わったりどっちもお世話になるなんて悪いかな・・・という気持ちもあったんですが、こと息子のことになるとぶっ飛びました(笑

 

医療もトレーニングも一生のもの。

口のきけない(表情や体全体で出してくれてはいますが)息子の事なので、慎重にいきたいし納得したい。

 

病院なんて、人間の世界だと内科だの外科だのと細分化されているのに、犬に関しては大学病院でもない限り全部同じ先生。

ようやく心臓メインですなんてお医者さんも出てくる様になりましたが、まだまだ病院掛け持ちにいい顔はされない事も多いのが実情です(T ^ T)

 

でも!

 

この間行ったセミナーで(BAWeduの斎藤さんという方の所に行きました)ほんとにそうだなと思った

 

協力・連携できないのはプロじゃない

 

との一言。

 

あぁ、私が感じてたのはこれだったんだ!と鳥肌がたちました(笑

 

病院だってトレーニング業界だって、少しずつではあるかもしれないけれど、犬の幸せに向けて進化していると思います。

 

 あとは、飼い主次第!

 

セカンド・オピニオンを持つ事や、この症状にはこの病院…という選び方をする事。

本当に自分が納得できて「犬の本当の幸せ」を考えられる、信用できるトレーナーさんを選ぶ事。

 

そのどちらも決して悪い事ではなく、犬と飼い主さんの幸せのための当然の権利であると私は思っています(*^^*)

 

お医者さんやトレーナーさん、トリミングなどなど、今や犬との暮らしにプロとの連携は欠かせません。

 

きっとこのブログを見つけて来てくださる方たちは、我が子ちゃんへの愛情をたっぷり持っておられると思います。

なので、犬の負担が大きい様なプロを選ばれる事は無いと思います。

だからこそ、犬は勿論ご自分もしんどくならないプロを選んでくださいね。

 

前回ちょろっと書いた「いいトレーナーさんの条件」。

また詳しく書きますが、参考にしてみていただけると我が子ちゃんの幸せが広がると思われます(人間性などはわかないので一概には言えませんが;。

 

もしご質問があれば、私がお答えできる範囲でお答えさせていただきますので、コメントの方で質問していただけたらと思います( ´ ▽ ` )ノ

これは私にお答えできる範疇を超えてるなと思ったら、素直にごめんなさいさせていただきますね(笑

 

人目線ではなく犬目線で犬の幸せを考えられる飼い主さんと、そんな飼い主さんの元で毎日幸せに暮らす犬たちが、どんどん増えます様に♡

 

今日も読んでいただいてありがとうございました!

 

Instagramでブログ更新のお知らせをしています。

↓ ↓ ↓

 

www.instagram.com

 

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ